• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

About

「あめ」は天、「つち」は地。

古事記の始めの言葉に
『あめつちはじめのとき…』

とあるように、

はるか遠い昔、人は、
「あめつち」
目の前に広がる自然、地球そのものを

敬い、
畏れず、
寄り添いあって過ごしていました。


地球に耳を傾けること。
日常に追われ
忘れてしまいがちな
現代に生きる私たち。

地球のかけらにふれると、
何か心から癒される。

それは、
同じ地球から生まれた私たちの
深い所に
働きかけてくれるからでしょうか。


"素材は地球のかけらです。"
地球の恵みへの
敬愛と感謝をかたちにしたい。


地球と響き合う
心地よさを。